心の奥底にある闇をぶちまけよう

今にしてみればここから個の中で瓦解して
行ってるのかも知れない。

全てにおいて嫌になる私が居る。

ここから先、多分誹謗中傷の言葉も混じります。
嫌な方は絶対に見ないことをお勧めします。





ここから先かなり先
















































































ある日を境に、嫌になった。
それは他人に対しても自分に対してもである。
私はある事で行動を共にする人達が居た。
その中には当然リーダー格の指導者も居る。

上の立場と言うのは非常に難しい部分をはらんでいる。
己の作業をしつつも下の者達の統率、意見、不平不満等
逐一見つけては改善しなければならない事が多いから。
だからと言って己の作業を蔑にして良い筈もなく
それらを両立させなければならないのだから大変だ。
しかも、下から上がった物に対してもチェックする
必要性があれば尚更である。
そして、期日ともある故に遅れることも許されない。

何人もの人達が協力し、一つの物を仕上げるのは大変だ。
共同作業であり、誰一人欠ける事も許されない。
欠ければそれで失敗である。
成功したければ全員が欠ける事無く、最後まで作業を完遂
しなければならない。
無論、遅れそうなら誰かが手伝うのもありだ。

それ故に、個々の別作業があれば、それらは必然として
後回しになる。
個々の作業は共同作業とは違い、優先順位は下がる。
これは自己犠牲と言う部分も含まれるかもしれないが
複数人数で作業してる場合、それらを失敗させれば
確実に他面々との信頼関係などが確実に揺らぐからだ。

揺らごうが揺らぐまいが関係ないと考えるのなら
それも良かろう。
だが、次に確実に影響が出るのは見えている。
その覚悟があるのなら、だが。

そして、皆が力をあわせた結果が実を結べば
それは実に喜ばしい事。
やってよかったと思うだろう。
その中の一人になれれば私としても本望である。

だが、現実は酷な事も多い。
皆で完成させる為とは言え、共同作業に力を注ぎ
個々の作業が滞り、そしてそれらが期日に
間に合わない事も多々存在する。
だが、他者を巻き込まないと言う面においては
まだ被害は少ないし他者との信頼関係に揺らぐ部分は無い。
無論、それを楽しみにしていた人達も居るだろうから
正式には被害が少ない、となるのかもしれない。

だからこそ、である。
共同作業があり、個々の作業がある場合。
共同作業が優先されて、個々の作業は後回しになるのが
普通なのではないか?
そう考えている。

故に、共同作業を蔑にする輩は許せない。
個々の作業を優先する輩の考えは私には理解出来ない。
理解すらしたくない。

期日に順番があり、それを覆せないのなら
はじめから他作業も手掛けるべきではない。

個々の作業が出来て共同作業が出来なかった
なんて事になれば尚更である。

故に、そういう輩は許さない。
ともに歩める同志にはきっとなれない。
実力があろうが無かろうがそれは優劣に関係は無い。

そして、もしそういう事態が起こったとして
へらへらと薄ら笑っていたら、私は迷わず
顔面へ一撃入れる事だろう。

それは、共同で動いていた人達への裏切り行為である。
そして、名前を連ねているのにその者の
内容が入っていないのであれば
待っている人達への詐欺行為である。

その後、全力でそれら汚名を返上する為に
動いているなら、考えは変わるかもしれない。
だが、それらを軽く流して今何も思っていないのであれば
私は二度とその者と同じ道を歩む事を拒むだろう。

私はきっと、同じ立場に居る人間として、その者を許さないから。

そして、私は二つの仮面を操ってる。
1つは同じ立場の人間として許さない自分。
もう1つは、それでも同じ立場の人間として
その才を認めている自分である。

我ながら反吐が出る。
[PR]
by KisaragiZetsuei | 2009-04-19 17:17 | 雑記
<< 015 夢幻想列伝 Extra... 黙々と >>