結界「生と死の境界」 in 秋葉原

今回の話は秋葉原です。
かなり罵詈雑言も含まれると思うので
それらが苦手な人は観ない事をオススメします。

後は追記
ルーミアの百合って思い浮かばねえ(笑
チルノ同様に純粋無垢系で攻めてみるか?



今日は秋葉原に行きました。
目的は例大祭の買い遁しを探しに行くためです。

実はこれを昨日の昼頃に行こうとしてました。
皆さんご存知だと思います。
昨日、秋葉原に行かれた方は悪夢とも言える凄惨な体験をしたと思います。

そう、一歩間違えたら死んでたかもしれないよね。
あんな偶然で殺された人達はさぞ無念でしょう。
今日はその現場も見てきました。
事件となった交差点には献花台だ設けられていて
多くの花束が捧げられていました。
亡くなられた方に何もする事は出来ませんが、冥福を祈り黙祷だけは捧げてきました。

昨日は、急激に眠くなってしまって
そのまま寝てました、起きたら夕方。
母親からその事件の話を聞いてネットで調べて、色々と知りました。
もし眠らずに向かっていたら、下手したら死んでたかもね。
そう思うと急激に体に寒気を感じましたよ。

犯人に対して思うことは沢山あります。
1・死にたければ一人で死ぬべき。
2・殺して欲しいと願うなら日本ではなくアメリカとかでやるべきだったね。(日本じゃ銃殺の可能性は無い)
3・拳銃突き付けられて降参しましたってのが覚悟の無さがへたれすぎる。(あっても困るけどよ)
4・こいつは死罪ではなく終身刑にしてじっくりと嬲り殺すべきだ。(強制労働とかないのかね?)

とまあ、色々とどす黒い感情が湧き上がります。
でも、私は被害を受けてないし完全に1人の野次馬でしかないので
こういったのは被害にあわれた方はその遺族が声を上げるべきだとも思います。
そんな事するのも辛いでしょうけど。

何にしても、誰でも良いから殺すってのは最悪だ。
鬼とか悪魔とか言いたくなったがそれは鬼や悪魔に失礼だと思ったぐらいだ。
糞蟲の価値すら無いだろうな。
この先、彼がどうなるかは知らないし知りたくも無いですが。
人生を悔いる一生で終って欲しいと切に願います。


さて、話は変わって例大祭で買い遁した本の数々ですが
結構多かった。
いや、初めて興味を持ったサークルが多いのかも。
元々、去年から東方に興味もって幾つかのサークルの本で衝撃(ヒットして)受けて
ちらほら買うようになってましたが………
初期は紅魔館系が主軸だったのですが、色々と別のキャラ物とか増えてきましたね。
どっぷりはまってる状態なのかも。

まあ、自分の作品ってのはそうやって情報やネタをかき集めて
その中から自分の考え得る物を探し出して(時には設定パクル事はあるけど)
自分独自の路線を出せれば良いなと感がて居ます。
まあ、丸パクリだけはしませんけどね。(それでは芸が無い。)

今回はこの辺にて失礼を。
現在043作成中、暫く一騎討ちは無いかもしれないけど
見せ場が用意出来るといいなあ。
[PR]
by KisaragiZetsuei | 2008-06-09 17:45 | 雑記
<< 043 廬江攻略戦 アップ完了 042 早苗水軍の大攻勢 アップ完了 >>